• 都市対抗一次予選準決勝 関メディベースボール学院 
  • 2018年04月08日(日)
  • 10時00分
  • 明石トーカロ球場
  • 大会
  • × 3-6
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 0 0 0 0 0 0 2 1 3
関メディベースボール学院 1 0 5 0 0 0 0 0 × 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 村上
2 レフト 近藤
3 サード 荒木<西本(9回)
4 ショート 横田
5 ライト 越智<坂井(8回)
6 DH 津門
7 セカンド 沼谷<藤野(8回)
8 キャッチャー 西河
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 北川、中村―西河
打撃結果 二塁打(近藤)、2安打(近藤)
勝利投手

試合概要

先発の北川は初回、先頭打者にヒットで出塁され、送りバントの後、二死から相手4番打者のタイムリーヒットで1点を失う。3回にも先頭打者に四球を与え、送りバントと四球で一死一、二塁から3番打者にタイムリーヒットで1点を追加され、さらに四球の満塁から相手5番打者に2点適時二塁打で失点し、さらにワイルドピッチでこの回5点を失う。NBCは7回まで得点圏に走者を出すものの得点に結び付けることが出来ない。8回に先頭の1番村上がヒットで出塁し、2番近藤が四球を選び、無死一、二塁のチャンスを作り、3番荒木が倒れた一死から相手バッテリーミスから1点を返し、さらに代打の坂井が四球で出塁した後、6番津門がライト前へはじき返し、この回2点を奪い2-6とする。9回には一死から9番久世が死球で出塁し、1番村上の時、パスボールで二塁に進み、村上が倒れた二死から2番近藤のライト前ヒットで久世が返り3-6とするが、代打西本が三振に倒れ試合終了。
ページトップへ