• 第41回JABA高砂大会 決勝戦 大和高田クラブ 
  • 2015年09月27日(日)
  • 10時00分
  • 高砂球場
  • 大会
  • × 3-6
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
大和高田クラブ 3 0 1 1 0 0 0 1 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 森下
2 サード 村上達
3 センター 妻鳥
4 セカンド 新谷
5 DH 吉相<柴田(9回)
6 ショート 中村
7 ファースト 津門
8 キャッチャー 常盤
9 ライト 坂本
成績結果
バッテリー 愛敬、神野ー常盤
打撃結果 2安打(村上達、妻鳥)
勝利投手

試合概要

第41回JABA社会人野球高砂大会決勝戦、大和高田クラブ戦。先発の愛敬は初回一死後、四球、ヒット、四球で満塁とされると相手5番打者に走者一掃の二塁打で3点を失い早々と降板。2番手の神野は3回、先頭打者にツーベースヒットで出塁されると二死後にタイムリーを打たれ4点目を奪われる。4回にも1点を取られ、0-5とリードを広げられる。5点を追うNBCは6回、先頭の1番森下から村上、妻鳥、新谷の4連打で3点を奪い2点差に詰寄る。神野は5回以降、相手打線を0点に抑え味方の反撃を待つが、8回裏に与えたくない1点を与え、3点ビハインドで9回のNBCは先頭の代打柴田がヒットで出塁するが、相手投手の牽制で刺され貴重なランナーを失う。二死後、7番津門がヒットで出塁するが、またしても牽制で刺されゲームセット。残念ながら準優勝に終わりはしたが、この大会の敢闘賞と首位打者賞(16打数11安打、打率0.687)に妻鳥哲也外野手がダブル受賞を果たす。
ページトップへ