• 第41回JABA高砂大会準決勝 箕島球友会 
  • 2015年09月26日(土)
  • 12時30分
  • 高砂球場
  • 大会
  • 〇 6-5
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 2 1 2 1 0 0 0 0 0 6
箕島球友会 0 1 0 0 0 1 0 3 0 5
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 森下
2 サード 村上達也
3 センター 妻鳥
4 セカンド 新谷
5 ライト 坂本
6 DH 吉相
7 ショート 中村
8 ファースト 津門
9 キャッチャー 常盤
成績結果
バッテリー 藤井、玄、神野、愛敬-常盤
打撃結果 2安打(妻鳥、新谷、常盤)
勝利投手 藤井

試合概要

JABA社会人野球高砂大会準決勝、簑島球友会戦。初回、NBCは二死後、妻鳥がヒットで出塁すると4番新谷が死球で続き、5番坂本も四球で満塁にすると6番吉相がセンターへはじき返し2点を先制。2回にも相手のミスで1点を追加。3回には7番中村の犠牲フライと8番津門のタイムリーで2点を追加し、5-0とリードを広げる。4回にも1番森下、2番村上達の連打と3番妻鳥の送りバントを相手投手がはじき、無死満塁のチャンスから4番新谷がライトへ犠牲フライを打ち上げ6-0とさらにリードを広げる。先発の藤井は毎回走者を背負う苦しいピッチングながらも5回を投げ1失点でマウンドを玄に譲る。2番手の玄は6回一死を取ったものの、2つの四球とヒットで満塁にした後、押し出しの四球で1点を失ったところで降板。3番手の神野も8回一死から四球と連打で2点を失い6-4と点差を詰められたところで、愛敬にスイッチ。代わった愛敬も二死からタイムリーを打たれ6-5とされその差は1点とされ最終回へ。最終回も走者を二塁に背負うが最後の打者をセカンドゴロに打ち取りゲームセット。この結果、明日(9月27日)に行われる決勝戦に駒を進めることができた。(高砂球場10:00~大和高田クラブ)
ページトップへ