• オープン戦 ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校 
  • 2024年05月15日(水)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 1-8
  • 終了


ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
NOMOベースボールクラブ 0 6 0 0 0 2 0 0 8
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ショート 大本
2 セカンド 渡邊
3 ライト 八木澤
4 キャッチャー 豊田
5 サード 清水
6 DH 山中
7 センター 長谷川
8 レフト 澤田
9 ファースト 北島
成績結果
バッテリー 大槻、山口、池本、髙橋ー豊田
打撃結果 本塁打(八木澤)、三塁打(八木澤)、二塁打(豊田)、2安打(八木澤、清水、長谷川)
勝利投手 大槻

試合概要

先発の大槻は初回に4番打者の適時打で1点を失うもその後は立て直し、二回表は力強い投球で三者連続三振に抑え味方の援護を待つ。先制を許したNBCは二回裏に打線が奮起。先頭の5番清水がヒットで出塁し、相手のミスや四球なども絡んで一死満塁のチャンスを作る。このチャンスで9番北島がライトへの適時打を放って同点に追いつき、続く1番大本の打球が相手内野手のミスを誘い逆転に成功。さらにチャンスは続いて打席には打撃不調の3番八木澤。3-1から放った打球は放物線を描いて右中間最深部への三点本塁打となりこの回で一気にリードを広げる。投手陣は四回裏から山口が登板しピンチを背負いながらも2イニングを無失点に抑え三番手の池本にスイッチ。打線は三回以降ゼロが続くが六回裏に一死から2番渡邊が追い込まれながらも四球を選んで出塁し、続く3番八木澤が右越えの適時打放ち1点を追加。二死となるも5番清水がダメ押しの適時打を放ち大きくリードを広げる。そして試合はそのまま進み、池本、髙橋が2イニングを無失点に抑え勝利を収めた。
ページトップへ