• 第46回全日本クラブ野球選手権西近畿予選 準決勝 マツゲン箕島硬式野球部 
  • 2022年07月02日(土)
  • 9時00分
  • 大阪ガス今津G
  • 大会
  • 〇 6-3
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 2 6
マツゲン箕島硬式野球部 1 1 3
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 宮城(源)
2 ライト 柳川
3 サード 平山
4 センター 田中
5 DH 古林
6 ファースト 古田
7 セカンド 渡邊
8 ショート 大本<津門(9回)
9 キャッチャー 松田(政)
成績結果
バッテリー 高取ー松田(政)
打撃結果 三塁打(柳川)、二塁打(柳川、平山、渡邊、松田(政))、3安打(柳川)
勝利投手 高取

試合概要

先発の高取は初回、先頭打者から二者連続ヒットを許し、さらに3番打者の送りバントで一死二、三塁のピンチを招く。しかし高取は気迫の投球で4番、5番打者を二者連続三振に打ち取り初回から緊迫したムードが流れる。二回裏にも一死満塁のピンチで1番打者を併殺打に打ち取るなど、序盤から粘りの投球を続ける。試合が動いたのは三回表、打線は先頭の7番渡邊の二塁打でチャンスを作り、8番大本の送りバントが相手野手のミスを誘って一死一、三塁とチャンスが広がる。ここで9番松田の内野ゴロがまたもや相手野手のミスを誘い1点を先制する。さらに続く1番宮城の適時打で1点を追加し、その後もチャンスは続き3番平山の犠飛で1点を追加。この回3点を先制する。高取は五回、六回と適時打を浴びるも、いずれも最少失点に抑え相手打線にリードを許さない。追加点が欲しい打線は七回表、二死二塁のチャンスで2番柳川が適時三塁打を放ち、続く3番平山も適時二塁打で続きこの回2点を追加する。高取はその後も再三のピンチを招くも最後まで粘り強く投げ抜き、最終九回裏を抑えゲームセット。6-3と勝利を収め、続く決勝戦へ駒を進めた。

(大会規定により、写真掲載不可)

ページトップへ