• 第46回全日本クラブ野球選手権西近畿予選 決勝戦 県警桃太郎 
  • 2022年07月02日(土)
  • 14時00分
  • 大阪ガス今津G
  • 大会
  • 〇8-0(8回コールド)
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 3 2 3 8
県警桃太郎 0
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 宮城(源)
2 ライト 柳川
3 ショート 平山
4 センター 田中
5 DH 古林
6 サード 古田
7 セカンド 渡邊
8 ファースト 津門
9 キャッチャー 松田(政)
成績結果
バッテリー 柳原ー松田(政)
打撃結果 本塁打(田中)、三塁打(平山)、二塁打(柳川、平山)、3安打(宮城(源)、渡邊)、2安打(平山)
勝利投手 柳原

試合概要

全国への道をかけた戦いは両投手の好投で始まり、初回から緊迫した展開が続く。先発の柳原は気持ちのこもった投球で相手打線を抑え、味方の援護を待つ。そして試合が動いたのは五回表、一死一、二塁のチャンスで3番平山が左中間を破る適時二塁打を放ち2点を先制しその後もチャンスは続き、7番渡邊の適時打でこの回3点を先制する。さらに続く六回表にも二死から1番宮城がヒットで出塁し、2番柳川が四球で繋ぐと打席には前打席適時打の3番平山。思い切りよく振り抜いた打球はライトの頭を超え適時三塁打となり2点を追加する。柳原はその後も凡打の山を築き圧巻の投球を続ける。打線は八回表に2番柳川、3番平山の連続四球でチャンスを作り、打席に立つのは今予選不調の4番田中。ワンボールから振り抜いた打球は高々と放物線を描きライトへの特大本塁打。ダメ押しの3点を追加する。そして最終八回裏、柳原は最後まで気迫あふれるボールを投げ込み最終打者を抑えてゲームセット。8-0のコールドゲームで勝利を収め8月27日から始まる、第46回全日本クラブ野球選手権大会への切符を掴んだ。

(大会規定により、写真掲載不可)

ページトップへ