• 第46回全日本クラブ野球選手権兵庫一次予選、兼第8回近畿クラブ会長杯兵庫予選 第2代表決定戦 YBS播磨 
  • 2022年05月07日(土)
  • 10時00分
  • 高砂球場
  • 大会
  • 〇 6-2
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 1 5 6
YBS播磨 2 2
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 DH 宮城(源)
2 ライト 柳川
3 サード 平山
4 センター 田中
5 レフト 古林
6 ファースト 古田
7 セカンド 渡邊
8 ショート 大本
9 キャッチャー 松田(政)
成績結果
バッテリー 高取ー松田(政)
打撃結果 三塁打(柳川)、二塁打(宮城(源))、2安打(田中、古林)
勝利投手 高取

試合概要

全日本クラブ野球選手権への道を駆け上がるべく、口火を切ったのはNBC。初回、二死から3番平山が四球で出塁し、続く4番田中が追い込まれながらもしぶとくレフト前へ運び二死一、二塁のチャンスを作る。このチャンスで5番古林がライト線への適時打を放ち1点の先制に成功する。先発の高取はその裏、先頭の1番打者のヒットと2番打者の送りバントで一死二塁のピンチを背負うも、女房役のキャッチャー松田が矢のような送球で二塁ランナーを牽制アウトにし、初回のピンチを切る抜ける。高取はその後もテンポ良く快投を続け相手打線を抑える。高取を援護したい打線は四回表、先頭の6番古田、7番渡邊、8番大本が連続四球で無死満塁のチャンスを作り、9番松田のレフトへの適時打で1点を追加する。その後もチャンスは続き、一死満塁から2番柳川が放ったライナーはレフトの頭上を越え走者一掃の適時三塁打となり、さらに3番平山の犠飛で1点を追加し6-0とリードを広げる。六回裏にはヒットで出塁を許したランナーをまたもやキャッチャー松田が矢のような送球で盗塁を阻止するなど、女房役が攻守にわたって高取を援護する。高取は八回裏に1番打者の適時打で2点を失うも、最終九回裏を三者凡退で抑え、九回2失点の好投でゲームセット。6-2と勝利を収め、全国への切符を掴むべく、全日本クラブ野球選手権西近畿予選へ駒を進めた。
ページトップへ