• オープン戦 履正社医療スポーツ専門学校 
  • 2022年03月25日(金)
  • 10時00分
  • 履正社箕面G
  • オープン戦
  • ✕ 2-6
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 1 2
履正社医療スポーツ専門学校 5 1 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 宮城(源)
2 セカンド 渡邊
3 サード 平山
4 センター 田中
5 ライト 柳川
6 ファースト 古田
7 キャッチャー 松田(政)
8 ショート 大本
9 DH 澤田
成績結果
バッテリー 松田(尚)、毛利、田野ー松田(政)
打撃結果 3安打(古田)
勝利投手

試合概要

試合が動いたのは二回表、打線は二死から6番古田、7番松田、8番大本の三連打で1点を先制する。しかしその裏、先発の松田は先頭打者に二塁打を浴び、その後四死球が絡み1点を返され、さらにピンチは続き2番、5番打者の適時打などで5点を失いこの回で降板となった。二番手の毛利は三回裏、先頭打者から二連打を浴び、その後一死満塁とするも後続を抑えこのピンチを切り抜ける。毛利は四回裏に二死満塁のピンチを背負い、押し出し死球で1点を失うが、五回、六回で4奪三振と相手打線を完璧に抑え、この回でマウンドを降りた。援護したい打線だが、三回以降チャンスを作ることが出来ず厳しい展開が続く。七回裏からマウンドへ上がった三番手の田野はヒットこそ許すものの、粘り強い投球で相手打線を抑え、味方の援護を待つ。打線は八回表に9番澤田、1番宮城の連続ヒットでチャンスを作り、2番渡邊が倒れるも、3番平山がしぶとくレフト前へ運び1点を返す。しかし続くチャンスも後続が倒れこの回1得点に終わる。田野は八回裏にも2本のヒットを許すも見事な牽制アウトなどでこのピンチを切り抜ける。そして最終九回表、先頭の5番柳川が四球で出塁し6番古田のこの日3本目となるヒットでチャンスを作るも決定打が出ずゲームセット。2-6で敗北を喫した。
ページトップへ