• 第45回全日本クラブ野球選手権兵庫一次予選、兼第7回近畿クラブ会長杯兵庫予選 一回戦 神戸レールスターズ 
  • 2021年03月20日(土)
  • 10時00分
  • 明石トーカロ球場
  • 大会
  • 〇 3-2
  • 終了
10 11 12
神戸レールスターズ 2 2
NOMOベースボールクラブ 3
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 柳川
2 セカンド 渡邊
3 レフト 近藤
4 ショート 横田
5 キャッチャー
6 ライト 津田
7 サード 平山
8 DH 石川
9 ファースト 古田
成績結果
バッテリー 北川ー堀
打撃結果
勝利投手 北川

試合概要

先発北川は初回を三者凡退に抑え上々の立ち上がりを見せるが二回表、先頭打者を打ち取るも5番打者から三連打を浴び一死満塁のピンチを背負う。8番打者を抑え二死となるが、続く9番、1番打者の連続適時打で2点の先制を許す。北川を援護したい打線は初回から相手投手に抑え込まれチャンスを作ることができず、苦しい展開が続く。北川はその後、立ち直りを見せ三回以降は四死球などでランナーを背負うも、ノーヒットピッチングを続け打線の援護を待つ。六回までノーヒットが続くNBC打線は七回裏、先頭の2番渡邊が四球で出塁し、3番近藤が送りバントを決め、一死二塁のチャンスを作る。続く4番横田が倒れるも5番堀がセンターへはじき返して1点が入り、反撃の狼煙を上げる。そして1-2の1点ビハインドで迎えた九回裏、先頭の2番渡邊が追い込まれながらもヒットで出塁し、3番近藤がきっちり送りバントを決め、七回同様一死二塁のチャンスを作る。ここで前の打席、チャンスで倒れた4番横田が初球を振りぬいてレフトへの適時打を放ち2-2の同点とする。その後、一死満塁とチャンスが広がり、打席には新人の7番平山が入る。平山が振りぬいた打球は前進守備の一二塁間を抜け、サヨナラ適時打となり3-2で一回戦を突破。続く準決勝へ駒を進めた。
ページトップへ