• オープン戦 岡山商科大学 
  • 2021年03月15日(月)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 8-3
  • 終了
10 11 12
岡山商科大学 3 3
NOMOベースボールクラブ 1 1 2 1 2 × 8
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 柳川
2 セカンド 渡邊<角石(8回)
3 レフト 近藤
4 セカンド 横田
5 ライト 津田<勝田(6回)
6 キャッチャー 堀 <田中(7回)
7 サード 平山
8 DH 石川<澤田(7回)
9 ファースト 古田<木脇(7回)
成績結果
バッテリー 北川、一野、中村ー堀、田中
打撃結果 本塁打(柳川、横田)、二塁打(横田、堀)、4安打(横田)、3安打(柳川、近藤)、2安打(渡邊)
勝利投手 北川

試合概要

打線の口火を切ったのは初回、1番柳川の2ボールからの3球目を思い切りよく振りぬいた打球はレフトスタンドへの先頭打者本塁打となり1点を先制する。さらに続く二回裏、先頭の7番平山が追い込まれながらもヒットで出塁し、その後、二死三塁とチャンスが広がったところでまたもや1番柳川が適時打を放ち、三回裏には先頭の4番横田がレフトスタンドへの本塁打を放って、序盤三回で3-0とリードを広げる。先発の北川は初回からテンポよくボールを投げ込み相手打線を抑え、三回被安打1、無四球の好投を見せた。打線は五回裏に、4番横田の三打席連続安打となる適時二塁打と6番堀のセンターフェンス直撃の適時二塁打で2点を追加し、さらに六回裏、二死から1番柳川の四球と盗塁でチャンスを作り、2番渡邊のライトへの適時打で6-0とリードを広げる。投手陣二番手の一野は四回、五回と先頭打者にヒットを許すも次打者を併殺打に抑え、粘りの投球を見せる。三番手中村はマウンドに上がった七回表、二死満塁から7番打者に走者一掃の適時二塁打を浴びて3点を失い6-3とリードが縮まる。援護したい打線は八回裏、一死二塁から3番近藤がヒットで繋いで一、三塁のチャンスを作り、4番横田のこの日4本目となるヒットで1点を追加、さらに相手バッテリーのミスもあってこの回2点を追加する。最終回、中村は先頭打者に死球を許すも続く打者を併殺打、最後の打者をピッチャーゴロに抑え、8-3と勝利をおさめた。
ページトップへ