• オープン戦 履正社医療スポーツ専門学校 
  • 2021年03月12日(金)
  • 10時00分
  • 履正社箕面G
  • オープン戦
  • × 6-4
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 1 1 4
履正社医療スポーツ専門学校 1 2 1 × 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 柳川
2 セカンド 渡邊
3 レフト 近藤
4 ショート 横田
5 ライト 津田
6 サード 平山
7 キャッチャー
8 ファースト 古田
9 DH 石川<田中(8回)
成績結果
バッテリー 一野、中村、北川ー堀
打撃結果 三塁打(渡邊)、二塁打(柳川、石川)、2安打(近藤、横田、堀)
勝利投手

試合概要

打線は初回、新人の1番柳川の初球を振りぬいた打球は左越えの二塁打となり先制のチャンスを作る。同じく新人の2番渡邊が送りバントを決め一死三塁となり、3番近藤が倒れるも4番横田が追い込まれながらもしぶとくセンターへはじき返し、1点を先制する。しかしその裏、先発の一野は1番打者に先頭打者本塁打を浴び同点とされ、続く二回裏にも先頭の6番打者からの送りバントを挟む4連打などでこの回2点を失い3-1とリードが広がる。一野を援護したい打線は続く三回表、二死一塁から3番近藤のライト前ヒットで一、三塁とチャンスが広がり、4番横田の二打席連続の適時打で1点を返す。四回表にも、二死二塁のチャンスで9番石川の適時二塁打で3-3の同点となるが、その裏、一野は先頭の7番打者に二塁打を浴び、8番打者の送りバントで一死三塁となって9番打者の犠牲フライで4-3と勝ち越しを許す。五回表には、先頭の2番渡邊が中越えの三塁打を放ち、その後一死三塁となって4番横田がライトへの犠牲フライを放ち同点となるも、一野はその裏にも一死満塁のピンチで内野ゴロの間に1点を失い5-4と勝ち越しを許してこの回で降板となった。打線は六回以降、得点圏にランナーを進めるも決定打が出ない。投手陣は二番手の中村が六回、七回とテンポの良い投球で相手打線を抑る。三番手の北川は八回裏、この回3本のヒットなどで1点を失う。奮起したい打線はその後も相手投手陣に抑え込まれ投手陣を援護することができず、6-4と敗北を喫した。
ページトップへ