• オープン戦 関メディベースボール学院 
  • 2021年02月18日(木)
  • 14時00分
  • 鳴尾浜臨海公園野球場
  • オープン戦
  • ✕ 10-7
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 2 1 4 7
関メディベースボール学院 5 5 10
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 柳川
2 セカンド 角石<渡邊(6回)
3 レフト 近藤
4 ショート 横田
5 キャッチャー 堀<田中(6回)
6 ライト 津田<勝田(6回)
7 DH 石川
8 ファースト 木脇<津門(6回)
9 サード 古田
成績結果
バッテリー 北川、一野ー堀、田中
打撃結果 三塁打(角石、横田)、2安打(横田、勝田)
勝利投手

試合概要

2021年初の試合、先発の北川は初回から得点圏にランナーを背負いながらも相手打線に得点を許さず、打線の援護を待つ。試合が動いたのは三回表、先頭の8番木脇のヒットと9番古田の送りバントでチャンスを作り、その後、二死二塁となったところで2番角石の一塁線を破る適時三塁打で1点を先制し、さらに続く3番近藤のライトへの適時打で2点のリードを広げる。先発北川はその後も相手打線を抑えるが五回裏、二死から8、9、1番打者の三連続長短打で1点を失い、さらにピンチは続き、3、4番打者の連続長短打で逆転を許してこの回5失点となったところで降板となった。六回裏から登板の二番手一野も、先頭打者に四球を与え、その後7番打者からの4連打などで5点を失い10-2とリードを広げられる。投手陣を援護したい打線は七回表、二死から4番横田の右中間を破る三塁打でチャンスを作り、6番代打勝田のライトへの適時打で1点を返す。さらに八回表、無死満塁のチャンスで3番近藤が四球を選び1点を追加、続く4番横田も追い込まれながらもしぶとくレフト前へ運びランナー二人が生還する。さらに途中出場の5番田中が四球で繋ぎ、6番勝田のこの日2本目となる適時打で10-7とリードを縮めるが、続く7番石川が倒れ、制限時間でのコールドゲームとなり、10-7と敗北を喫した。
ページトップへ