• クラブ選抜対抗戦 兵庫選抜VS京都選抜 
  • 2020年11月15日(日)
  • 8時30分
  • アメニスキッピ―スタジアム
  • オープン戦
  • × 2-9
  • 終了
10 11 12
兵庫選抜 2
京都選抜 9
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 久世(NBC)
2 ショート 中武(NBC)
3 レフト 高橋(JFF)<山口(県警桃)(7回)
4 ライト 山本(神戸BU)
5 ファースト 阪本(全播磨)<小牟田(KC西宮)(6回)
6 DH 喜良(関メディ)
7 キャッチャー 村井(神戸BU)<松埜(JFF)(6回)
8 セカンド 坂元(県警桃)
9 サード 福井(関メディ)
成績結果
バッテリー 木山(全播磨)、岩崎(JFF)、喜田(関メディ)、安田(全播磨)、一野(NBC)ー村井(神戸BU)、松埜(JFF)
打撃結果 二塁打(坂元)、2安打(坂元)
勝利投手

試合が動いたのは二回裏、兵庫の先発木山(全播磨)は先頭の相手4番打者の二塁打でピンチを背負い、その後、一死一、三塁となって相手7番打者の内野ゴロの間に1点の先制を許す。投手陣を援護したい兵庫打線は四回表、先頭の2番中武(NBC)のヒットと3番高橋(JFF)の四球で一、二塁のチャンスを作る。後続が倒れるも、二死満塁となって7番村井(神戸BU)の適時打でランナー二人が返り、逆転に成功する。その後、両者無得点が続くが七回裏、兵庫三番手の喜田(関メディ)が四球とヒットが重なって1点を失い、四番手の安田(全播磨)、五番手の一野(NBC)もその後のピンチを防げず、この回8失点でコールドゲームとなり、兵庫選抜は2-9と敗北を喫した。
ページトップへ