• オープン戦 JFFシステムズ 
  • 2020年10月27日(火)
  • 11時30分
  • 富田林バファローズスタジアム
  • オープン戦
  • × 3-5
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 2 3
JFFシステムズ 1 2 2 ×
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 久世
2 セカンド 角石
3 DH 近藤<澤田(6回)
4 ショート 横田
5 キャッチャー 堀<田中(6回)
6 ライト 勝田<津田(5回)
7 レフト 石川<中武(5回)
8 サード 古田
9 ファースト 木脇<津門(5回)
成績結果
バッテリー 一野、尾方、濵岡ー堀、田中
打撃結果 二塁打(石川)、2安打(近藤、中武)
勝利投手

試合概要

NBC先発の一野は初回からランナーを背負いながらも相手打線を抑えるが、四回裏、先頭の相手3番、4番打者の連続長短打で1点の先制を許す。しかし続く五回表、先頭の5番堀が相手野手のミスで出塁し、続く6番勝田の送りバントが内野安打となり、無死一、三塁のチャンスを作る。このチャンスで7番石川が左中間を破る適時二塁打を放ち、逆転に成功する。先発の一野はその裏を無失点に抑え、五回一失点の投球でマウンドを降りる。六回裏から登板の二番手尾方は先頭の相手3番、4番打者に連続ヒットを許し、その後、一死二、三塁となって相手6番打者の適時打で2点が入り逆転を許す。投手陣を援護したいNBC打線その後、得点圏にランナーを進めるも決定打が出ない。8回裏から登板の三番手濵岡はヒットと味方内野手のミスが絡んで2点を失い2-5とリードを許す。九回表、NBC打線は一死から6番津田、7番中武、8番古田の三者連続ヒットで1点を追加するも、続く9番津門、1番久世が倒れゲームセット。3-5と敗北を喫した。
ページトップへ