• オープン戦 関西大学 
  • 2020年08月17日(月)
  • 13時00分
  • 植村直己球場
  • オープン戦
  • 〇 4-3
  • 終了
10 11 12
関西大学 3 3
NOMOベースボールクラブ 3 1× 4
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ライト 久世
2 ショート 倉本
3 センター 近藤
4 セカンド 横田
5 キャッチャー
6 ファースト 田中<木脇(6回)
7 レフト 坂井
8 サード 澤田
9 DH 勝田<津門(7回)<角石(7回)
成績結果
バッテリー 北川、尾方ー堀
打撃結果 二塁打(倉本、澤田)、2安打(久世、倉本、横田、澤田)
勝利投手 尾方

試合概要

NBC先発の北川は、初回からテンポの良い投球で相手打線を抑え、上々の立ち上がりを見せる。先制点が欲しいNBC打線は序盤、得点圏にランナーを進めるも決定打が出ず、先発北川を援護することが出来ない。北川はその後、ランナーを背負いながらも粘り強い投球を続け、相手打線を抑える。しかし七回表、ヒットと味方内野手のミスなどが絡んで一死満塁のピンチを背負い、相手9番打者の内野ゴロの間に1点の先制を許す。さらに続く相手1番打者の適時打でランナー二人が返り、3点のリード広げられこの回で降板となった。奮起したいNBC打線はその裏、一死から8番澤田が左中間を破る二塁打で出塁し、9番代打の津門が四球で繋いだ後、1番久世のライトへの適時打で1点を返す。さらに続く2番倉本の左中間への適時二塁打で2点が入り、この回で同点に追いつく。NBC投手陣は二番手尾方が八回、九回と気持ちのこもった投球で相手打線を三者凡退に抑え、好リリーフを見せる。最終回、NBC打線は一死から1番久世がヒットで出塁し、2番倉本の送りバントと3番近藤のヒットで一死一、三塁とサヨナラのチャンスを作る。ここで4番横田がしぶとくレフト前へ運びゲームセット。4-3とサヨナラ勝ちをおさめた。
ページトップへ