• 第91回都市対抗一次兼第52回姫路市長杯 決勝戦 三菱重工神戸・高砂 
  • 2020年08月12日(水)
  • 10時00分
  • 姫路ウインク球場
  • 大会
  • × 2-1
  • 終了
10 11 12
三菱重工神戸・高砂 1 2
NOMOベースボールクラブ
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ファースト 久世
2 ショート 倉本
3 センター 近藤
4 セカンド 横田
5 レフト 坂井
6 キャッチャー
7 DH 中武
8 ライト 津田
9 サード 澤田
成績結果
バッテリー 中村、尾方、北川ー堀
打撃結果 二塁打(久世)、2安打(堀)
勝利投手

試合概要

NBC先発の中村は初回、ヒットと四球などで一死一、三塁のピンチを背負い、相手4番打者の内野ゴロの間に1点を失う。しかしその裏NBC打線は、先頭の1番久世が二塁打で出塁し、2番倉本が送りバントで繋いだ後、3番近藤の打球が相手内野手のミスを誘って1点が入り同点に追いつく。先発の中村は、三回表に相手1番打者の本塁打で1点を失うが、その後はピンチを背負いながらも追加点を与えず五回2失点の投球でマウンドを降りる。NBC打線は二回以降得点を上げることが出来ず、苦しい展開が続く。NBC投手陣は二番手尾方が六回表から登板し、この回を三者凡退に抑える。しかし七回表、先頭の1番打者と2番打者に連続ヒットを許し、無死一、三塁のピンチを背負ったところで降板。このピンチでマウンドに上がった3番手北川は、一塁ランナーに盗塁を許し無死二、三塁とピンチが広がるも、力のこもった気迫の投球で後続を抑え、好リリーフを見せる。投手陣を援護したいNBC打線はその後、得点圏にランナーを進めながらも決定打が出ない。3番手北川は、八回表も三者凡退に抑え、九回表には三者連続三振を奪い、存在感を見せつける。NBC打線は七回以降、相手リリーフ陣にほぼ完璧に抑えられ反撃することが出来ず、2-1と敗北を喫した。
ページトップへ