• 第91回都市対抗一次兼第52回姫路市長杯 準決勝 神戸ビルダーズ 
  • 2020年08月11日(火)
  • 10時00分
  • 姫路ウインク球場
  • 大会
  • 〇 4-2
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 1 2
神戸ビルダーズ 0 2
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ファースト 久世
2 ショート 倉本
3 センター 近藤
4 セカンド 横田
5 レフト 坂井
6 キャッチャー
7 DH 田中<津門(9回)<中武(10回)
8 ライト 津田
9 サード 古田<澤田(10回)
成績結果
バッテリー 北川、大西ー堀
打撃結果 2安打(近藤)
勝利投手 大西

試合概要

NBC先発の北川は初回を三者凡退に抑えるも二回裏、先頭の相手4番打者のヒットと5番打者の送りバントで一死二塁のピンチを背負い、続く6番打者を三振に打ち取るも、7番打者に適時打を浴び1点の先制を許す。先発北川を援護したいNBC打線は四回表、先頭の3番近藤がヒットで出塁し、4番横田の四球と5番坂井の送りバントで一死二、三塁のチャンスを作る。ここで6番堀がライトへの犠牲フライを放ち同点に追いつく。先発の北川はその後、粘り強く相手打線を抑えるも六回裏、ヒットと送りバントなどで一死一、三塁のピンチを背負い、相手5番打者の適時打で1点の勝ち越しを許したところで降板。続いて登板の二番手大西はその後のピンチを切り抜けこの回を最少失点に抑える。NBC打線は五回以降、得点をあげれずにいるが、八回表、相手内野手のミスと送りバントで一死二塁のチャンスを作り、1番久世がフルカウントと追い込まれながらもセンター前へはじき返し同点に追いつく。その後、両者決定打が出ず、試合は延長戦タイブレークに突入する。NBC打線は十回表、先頭の8番津田が送りバントを決め一死二、三塁のチャンスを作り、9番代打澤田がしぶとくライト前へ運び1点を追加、さらに相手バッテリーのミスでこの回2点のリードを広げる。十回裏、先頭の相手9番打者の送りバントをキャッチャー堀の好プレーで防ぎ、続く打者を二番手大西が抑え、4-2と勝利し、準決勝を突破。9月1日から始まる都市対抗近畿二次予選進出が決まり、続く決勝戦へ駒を進めた。
ページトップへ