• オープン戦 オセアン滋賀ブラックス 
  • 2020年06月10日(水)
  • 12時00分
  • 守山市民運動公園市民球場
  • オープン戦
  • × 5-6
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 1 2 1
オセアン滋賀ブラックス 3 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ライト 久世
2 ショート 倉本
3 センター 近藤
4 セカンド 横田<角石(8回)
5 レフト 坂井<中武(6回)
6 キャッチャ- 堀 <津門(8回)
7 DH 田中<津田(6回)<石川(9回)
8 ファースト 木脇
9 サード 古田<澤田(6回)
成績結果
バッテリー 尾方、濵岡、一野、北川ー堀、津門
打撃結果 二塁打(近藤、田中)、3安打(久世、近藤)、2安打(倉本、古田)
勝利投手

試合概要

NBC打線は初回、1番久世のヒットと2番倉本、3番近藤の連続四球で無死満塁のチャンスを作り、4番横田が倒れた後、5番坂井の押し出しの四球で1点を先制する。二回にも、一死二塁のチャンスで1番久世の適時打で1点が入り、続く2番倉本のヒットで一死一、三塁とチャンスを広げ、3番近藤の適時打で3点目を追加する。NBC先発の尾方は、初回から危なげない投球で相手打線を抑え、四回無四球無失点の好投でマウンドを降りる。NBC打線は五回、六回にも、ヒットと相手のミスなどが絡み、2点を追加し5-0とリードを広げる。しかし六回裏、二番手の濵岡が先頭の相手2番打者からの4連続ヒットなどでこの回3点を失う。七回裏から登板の一野も二死一、二塁のピンチで相手4番打者に適時打を浴び、1点差に詰め寄られる。NBC打線は七回以降、得点圏にランナーを進めるも、決定打が出ず追加点をあげることが出来ない。八回裏からの登板の北川は、先頭の相手6番打者にヒットを許し、その後、二死二塁のピンチで相手9番打者に右中間への三塁打を浴び、同点に追いつかれる。さらに9回裏、一死二塁のピンチを背負い、相手6番打者にサヨナラ適時打を浴び、ゲームセット。5-6と敗北を喫した。
ページトップへ