• オープン戦 関メディベースボール学院 
  • 2020年02月21日(金)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • × 3-2
  • 終了
10 11 12
関メディベースボール学院 1 1 1
NOMOベースボールクラブ 1 1 2
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 サード 久世
2 ショート 中武<倉本(6回)
3 センター 近藤
4 セカンド 横田
5 キャッチャー
6 ライト 津田
7 レフト 坂井
8 DH 勝田<木脇(9回)
9 ファースト 澤田<田中(6回)
成績結果
バッテリー 中村、一野、尾方、濵岡、北川ー堀
打撃結果 2安打(久世)
勝利投手

試合概要

今年初の試合、NBCの先発中村は初回、相手1番打者を味方のエラーで出塁させ、その後、二死二塁のピンチで相手4番打者にタイムリーヒットを打たれ、先制点を許す。1点を追うNBCは3回、先頭の7番坂井がヒットで出塁し、8番勝田の四球、9番澤田の送りバントで一死1,2塁のチャンスを作り、1番久世のライト前ヒットで1点を返す。先発の中村は二回以降、ランナーを背負いながらも粘りの投球を続け、四回でマウンドを降りる。二番手でマウンドにあがった新人の一野は、相手7番打者の左中間へのツーベースヒットと相手8番打者の送りバントで一死3塁のピンチを背負うも後続を抑え、この回を0点で切り抜ける。6回からマウンドにあがった尾方は、先頭の相手2番打者を三振、3番打者を内野フライに打ち取るも、二死から相手4番打者にライトへの本塁打で1点を許す。続く相手5番打者のヒットと盗塁で二死2塁のピンチを背負い、相手6番打者にレフト前ヒットを打たれるも、レフト坂井の好返球でホームタッチアウト。このピンチをしのぐ。NBCはその裏、先頭1番久世がヒットで出塁し、途中出場の新人2番倉本の送りバント、3番近藤の四球、4番横田の内野安打で一死満塁とし、5番堀のタイムリーヒットで1点が入り同点に追いつく。7回からマウンドにあがった濵岡は、危なげない投球でこの回を打者3人で抑える。8回から登板の北川は、一死から相手2番打者にヒットを打たれ、その後、二死2塁のピンチで、代打に入った相手4番打者に右中間へのツーベースヒットを許し、1点を追加される。北川はその後、9回を0点に抑えるも、打線の援護なく、3-2で敗北を喫した。
ページトップへ