• クラブ選抜対抗戦 兵庫選抜VS京都選抜 
  • 2019年11月10日(日)
  • 11時30分
  • アメニスキッピ―スタジアム
  • オープン戦
  • 〇 13-2
  • 終了
10 11 12
兵庫選抜 1 2 2 4 2 0 13
京都選抜 1 1 2
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 DH 濱川(全播磨)<山本(KC西宮)(5回)
2 レフト 井上(神戸RS)<能登(関メディ)(5回)
3 ライト 前田(JFF)
4 ショート 横田(NBC)
5 センター 近藤(NBC)
6 サード 松井(全播磨)<土井(KC西宮)(4回)
7 ファースト 岡本(関メディ)<碓永(神戸RS)(4回)
8 キャッチャー 原(全播磨)<嶋田(全播磨)(4回)
9 セカンド 義末(全播磨)<津門(NBC)(3回)<筒井(全播磨)(4回)
成績結果
バッテリー 鈴木(全播磨)、古川(神戸RS)、喜田(関メディ)、山本(KC西宮)、北川(NBC)ー原(全播磨)、碓永(神戸RS)
打撃結果 二塁打(濱川、前田、近藤)、2安打(濱川、前田、横田、近藤、松井、原、嶋田)
勝利投手 鈴木(全播磨)

試合概要

兵庫選抜打線は初回、1番濱川(全播磨)がレフトへのツーベースヒットで出塁し、一死から3番前田(JFF)がヒットでつなぎ、一死1,3塁のチャンスで4番横田(NBC)のライトへのタイムリーヒットで1点を先制する。兵庫選抜の先発鈴木(全播磨)は初回、危なげなく相手打線を抑え、2回裏に1点を失うも、その後は粘り強く相手打線を抑え、試合を作る。兵庫選抜打線はその後、効率良く得点を重ね、5回には3番前田(JFF)、5番近藤(NBC)のタイムリーヒットなどで4点を追加、6回にも4番横田(NBC)のこの試合2本目となるタイムリーヒットなどで2点を追加し、大量得点で投手陣を援護する。兵庫選抜投手陣は、先発鈴木(全播磨)から、古川(神戸RS)、喜田(関メディ)、山本(KC西宮)とつなぎ、最終回は北川(NBC)が完璧な投球で相手打線を抑え、ゲームセット。7回13-2でコールド勝利をおさめた。
ページトップへ