• オープン戦  全大津野球団 
  • 2019年10月05日(土)
  • 13時00分
  • 滋賀希望が丘球場
  • オープン戦
  • 〇 6-4
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 2 6
全大津野球団 3 0 4
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 サード 久世
2 ショート 中武
3 ファースト 田中
4 セカンド 横田
5 キャッチャー 堀<津門(6回)
6 ライト 荒木
7 センター 津田
8 DH 澤田<坂井(6回)<近藤(8回)
9 レフト 勝田
成績結果
バッテリー 中村、濵岡、多田、北川ー堀、津門
打撃結果 二塁打(田中、堀、)2安打(田中、堀、勝田)
勝利投手 北川

試合概要

0-0で迎えた3回、NBCは一死から、9番勝田の四球と1番久世のヒットでチャンスを作り、その後、二死1.2塁の場面で3番田中のレフトへの二塁打で1点を先制。さらに4番横田が死球で出塁し、二死満塁のチャンスで5番堀のレフトへの2塁打で2点を追加。6回にも先頭6番荒木の内野安打、7番津田の送りバント、さらに荒木が三盗を成功させ、その後、二死3塁のチャンスで、9番勝田のレフト前ヒットで1点を追加する。先発中村はランナーを出すものの粘り強く投げ続け、4回まで相手打線を0点に抑える。5回からマウンドに濵岡は6回、無死からヒットと四球などで一死1.2塁ピンチで相手6番打者の二塁打で1点を返され、続く7番打者のスクイズ、8番打者のヒットで2点を失う。7回にマウンドに上がった多田は先頭打者を打ち取るものの、相手2番打者に四球を与えその後、二死2塁のピンチで、4番打者にセンターへのタイムリーヒットを打たれ同点に追いつかれる。しかしNBCは8回、途中出場の5番津門がヒットで出塁し、その後、二死2.3塁のチャンスで9番勝田がしぶとくレフト前へ運んで、2点を追加。勝ち越しに成功する。8回からマウンドに上がった北川は、9回に二死満塁のピンチを迎えるも相手打者を力でねじ伏せ、6-4で勝利をおさめた。
ページトップへ