• オープン戦 ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校 
  • 2019年08月07日(水)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 18-6
  • 終了
10 11 12
ルネス紅葉スポーツ柔整専門学校 1 0 2 0 0 0 1 2 0 6
NOMOベースボールクラブ 2 3 5 1 3 4 0 0 × 18
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 サード 久世<澤田(6回)
2 ショート 中武
3 ファースト 田中
4 セカンド 横田
5 ライト 荒木
6 キャッチャー 津門
7 センター 坂井<津田(6回)
8 レフト 津田
9 DH 島田<畑島(6回)
成績結果
バッテリー 濵岡、多田、伊藤―津門
打撃結果 本塁打(坂井、島田)、二塁打(横田、島田)、4安打(勝田)、3安打(横田、島田)、2安打(久世、中武)
勝利投手 濵岡

試合概要

先発投手の濵岡は初回、先頭打者に四球を与えると次打者の送りバントと味方のエラーでピンチを迎え、相手4番打者に犠牲フライを打たれ、先制点を許す。NBCも初回、二死から3番田中が四球で出塁し、4番横田の二塁打で二、三塁とし、連続パスボールであっさり逆転し、2回に7番坂井のソロ本塁打などで3点を追加し、3回にも一死から8番勝田、9番島田、1番横田、2番中武の連続ヒットなどで5点を加えリードを広げる。その後も9番島田の3点本塁打で6回までに18点を奪う。濵岡は3回に走者を溜め2本のタイムリーヒットで2点を奪われるが、その後は6回まで走者を出しながらも大量リードに守られ2番手の多田にスイッチ。多田は制球が定まらず四球と安打を重ね、7回に1点、8回に2点を与える。9回は3番手の伊藤が締めくくり、18-6で勝利した。
ページトップへ