• クラブ選手権一次予選準決勝 KC西宮 
  • 2018年05月04日(金)
  • 12時30分
  • 高砂球場
  • 大会
  • 〇 12-3(7回コールド)
  • 終了
10 11 12
KC西宮 0 0 0 3 0 0 0 3
NOMOベースボールクラブ 5 1 1 0 4 1 × 12
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 村上
2 セカンド 西本
3 レフト 近藤
4 ショート 横田
5 キャッチャー 津門
6 DH 坂井
7 ライト 越智
8 サード 藤野
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 中村、若野、伊藤―津門
打撃結果 本塁打(近藤)、三塁打(村上、越智)、二塁打(津門)、3安打(横田)、2安打(村上、藤野)
勝利投手 中村

試合概要

NBCは初回、先頭の村上がライトオーバーの三塁打でチャンスを作り、2番西本も四球を選び出塁し、3番近藤の内野ゴロの間に村上が返り先制。4番横田もヒットで続き2点目を奪うと、その後も二死走者一塁から7番越智がセンターオーバーの三塁打を放ち、送球が乱れる間に越智も生還し、この回5点を奪う。2回にも4番横田のタイムリーで1点を追加し、3回にも相手のミスで1点を追加し、3回を終わって7-0とリードを広げる。先発の中村は4回に味方のミスから走者を溜め、相手5番打者に長打を打たれこの回3点を失い7-3とされるが、5回に3番近藤の3点本塁打等で4点を追加し、試合を決定付ける。中村は5回まで投げ、6回は2番手若野、7回伊藤が相手打線を0点に抑え、12-3で7回コールドゲームで勝利し、第一代表決定戦にコマを進めた。
ページトップへ