• 第1回昭和電機杯決勝戦 島津製作所 
  • 2019年07月28日(日)
  • 14時00分
  • 高島今津球場
  • 大会
  • 〇 5-4
  • 終了
10 11 12
島津製作所 0 0 0 3 0 0 0 0 0 1 4
NOMOベースボールクラブ 0 0 1 0 0 0 0 0 2 2X 5
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 近藤
2 ショート 中武
3 ファースト 田中
4 セカンド 横田
5 キャッチャー 津門<堀(6回)
6 ライト 荒木
7 レフト 津田
8 DH 勝田<島田(4回)<坂井(9回)
9 サード 澤田<久世9回)
成績結果
バッテリー 若野、北川―津門、堀
打撃結果 二塁打(近藤)、2安打(中武、田中、横田)
勝利投手 北川

試合概要

先発の若野は初回から制球が定まらず、2回に3四球を出したところで2番手の北川にマウンドを譲る。ピンチを0点に抑えたNBCは3回、二死から2番中武がヒットで出塁すると、すかさず盗塁を決め、3番田中のタイムリーヒットで二塁から中武が返り1点を先制。4回に北川が相手打線に捕まり、3長短打と味方のミスなどが重なり、3点を奪われ逆転を許す。相手投手を打ちあぐねていたNBCは最終回に先頭の代打坂井が四球で出塁するが、9番代打久世、1番近藤が倒れ二死となり、2番中武がヒットで繋ぎ、3番田中、4番横田の連続タイムリーヒットで同点に追いつき、延長タイブレイクに入る。無死一、二塁からのタイブレイクを北川が相手を1点に抑え、10回裏のNBCの攻撃に移る。6番荒木が送りバントを確実に決め、一死二、三塁とし、7番津田がセンターにはじき返し同点とし、8番坂井が申告敬遠で歩いた一死満塁から、9番久世の打球が三遊間を破り、三塁から堀が返り、逆転サヨナラ勝ちで第1回昭和電機杯を優勝で飾った。大会のMVPはサヨナラタイムリーヒットを放った久世内野手が受賞した。
ページトップへ