• オープン戦 京都城陽ファイアーバーズ 
  • 2019年05月18日(土)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 4-3
  • 終了
10 11 12
京都ファイアーバーズ
NOMOベースボールクラブ
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 セカンド 横田
2 ショート 中武
3 センター 近藤
4 レフト 坂井
5 DH 津門
6 サード 荒木
7 ライト 津田<勝田(6回)<小島(8回)
8 キャッチャー
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 西矢、若野ー堀
打撃結果 二塁打(坂井)、2安打(近藤、坂井、荒木、久世)
勝利投手 若野

試合概要

NBCの先発投手西矢は相手打線を4回まで0点に抑えるが、NBCの打線も得点できず0-0のまま5回に向かう。先発西矢は5回、一死一塁から二つの味方エラーで先制点を許す。その後、一番打者の二塁打で2点を失い、リードが0-3と広がる。NBCの攻撃は7回まで0点に抑えられるが、8回に先頭の近藤がセンター前ヒットで出塁し、4番坂井の二塁打で1点が入り、ホームへの送球間で坂井が三塁に進む。続く5番津門のセカンドゴロで三塁ランナー坂井がホームインし、リードを2-3と縮める。NBCの2番手若野は6回に登板し、9回まで相手打線を無安打に抑え、6奪三振を奪う。1点を追うNBCは9回の裏、先頭の堀が四球で出塁し、9番久世のレフト前ヒットと1番横田の送りバントで一死二、三塁のチャンスを作る。続く2番中武は打ち取られるが、3番近藤がタイムリーヒットを放ち、4-3とサヨナラ勝ちを収めた。
ページトップへ