• オープン戦 佛教大学 
  • 2019年03月14日(木)
  • 13時00分
  • 佛教大G
  • オープン戦
  • 〇 4-1
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ
佛教大学
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 セカンド 横田
2 ショート 中武
3 センター 近藤
4 キャッチャー
5 ライト 荒木<津田 (8回)
6 レフト 坂井
7 DH 津門<島田 (8回)
8 サード 澤田
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 北川ー堀
打撃結果 二塁打(横田)2安打(横田)
勝利投手 北川

試合概要

NBCは初回、先頭の横田がヒットで出塁し、2番中武は四球を選び、3番近藤の送りバントで一死二、三塁となり、4番堀のライト前ヒットで先制する。続く5番荒木は三振するが、二死一、三塁で6番坂井がタイムリーヒットでカバーし、2-0のリードを取る。その裏、先発の北川が相手を三者凡退に抑え、5回まで得点を許さない安定したピッチングを見せる。NBCは4回、先頭の6番坂井が四球で出塁し、7番津門の送りバントが相手のフィルダースチョイスを誘い、無死一、二塁とし、8番澤田が送りバントを決め、ランナーが二、三塁に進む。続く9番久世のショートゴロで三塁ランナーはホームで刺されるが、その直後、久世が二塁への盗塁に成功し、二死二、三塁で一番横田のライト線二塁打で2点を追加し4-0とリードを広げる。北川は6回、先頭打者のヒットで出塁され、次打者の二塁打で無死二、三塁のピンチとなり相手3番打者のショートゴロで1点を失うが、その後の打者を打ち取りピンチを切り抜ける。残りの3回をリズムよく終わらせ、4-1で完投勝利を挙げた。
ページトップへ