• オープン戦 JFFシステムズベースボールクラブ 
  • 2018年10月09日(火)
  • 13時00分
  • 植村直己記念公園野球場
  • オープン戦
  • △ 6-6
  • 終了
10 11 12
JFFシステムズベースボールクラブ 1 0 0 3 0 0 0 2 0 6
NOMOベースボールクラブ 0 0 1 0 2 0 1 0 2 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 ショート 横田
2 セカンド 沼谷
3 レフト 近藤
4 センター 坂井
5 ライト 荒木
6 キャッチャー
7 DH 津門<村上(7回)
8 サード 澤田
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 北川―堀
打撃結果 三塁打(荒木)、二塁打(堀、津門、村上)、4安打(久世)、2安打(荒木、堀、津門)
勝利投手

試合概要

先発の北川は初回、二死二塁から相手4番打者にタイムリーヒットを打たれ先制点を許す。1点を追うNBCは3回、先頭の9番中川がヒットで出塁し、その後一死一、三塁から3番近藤がライト前へ運び同点とする。しかし4回に一死満塁から走者一掃の二塁打とタイムリーヒットで3点を奪われる。5回のNBCは二死からセカンドにヒットで出た久世を置いて、5番荒木の三塁打と6番堀のタイムリーで2点を返し3-4と差を詰める。7回には二死から7番津門のタイムリーで同点とするが、8回に二死三塁から味方エラーで1点を取られ、なおもエラーとタイムリーが重なり、4-6とリードされる。最終回、NBCは一死から5番荒木がヒットで出塁し、6番堀が倒れた二死から途中出場の村上が三塁線を破る二塁打で同点のチャンスを作り、8番澤田が貴重な2点タイムリーを放ち同点とするが、9番の中川が三塁ファールフライに倒れ同点で試合終了。
ページトップへ