• クラブ選手権西近畿予選第二代表決定戦 県警桃太郎 
  • 2018年07月09日(月)
  • 13時00分
  • パナソニックベースボールスタジアム
  • 大会
  • 〇 7-1
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 0 1 4 1 0 0 0 1 7
県警桃太郎 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 村上
2 セカンド 西本
3 レフト 近藤
4 ショート 横田
5 ライト 坂井
6 DH 津門<荒木(8回)<沼谷(8回)
7 キャッチャー 西河
8 サード 藤野
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 北川―西河
打撃結果 二塁打(坂井、西河)、3安打(藤野)、2安打(西河、久世)
勝利投手 北川

試合概要

NBCは3回、先頭の7番西河が二塁打でチャンスを作り、8番藤野が送りバントを決め、9番久世、1番村上が連続四球で満塁とすると、2番西本の犠牲フライで先制し、4回には4番横田がヒットで出塁し、5番坂井が送りバントを決め二塁に進み、6番津門が倒れた二死から7番西河、8番藤野、9番久世、1番村上の4連打で4点を奪い5-0とする。先発の北川は4回に1点を失うものの、安定した投球で相手打線を抑える。NBCは5回にも5番坂井のタイムリー二塁打で1点を追加し、最終回にも二死三塁から3番近藤のピッチャ―強襲のヒットで貴重なダメ押し点をあげ7-1とする。北川は9回を投げ、散発6安打1死球と完璧な投球を見せ、チームを10年ぶり5回目の全日本クラブ選手権大会へと導いた。
ページトップへ