• 都市対抗一次予選一回戦 県警桃太郎 
  • 2018年04月07日(土)
  • 10時00分
  • 明石トーカロ球場
  • 大会
  • 〇 7-4
  • 終了
10 11 12
県警桃太郎 1 0 1 1 0 0 1 0 0 4
NOMOベースボールクラブ 0 0 1 2 1 0 0 3 × 7
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 センター 村上
2 レフト 近藤
3 サード 荒木
4 ショート 横田
5 ライト 越智
6 DH 津門
7 セカンド 沼谷<坂井(8回)<藤野(9回)
8 キャッチャー 西河
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 北川、中村―西河
打撃結果 三塁打(津門)、二塁打(近藤2)、2安打(村上、近藤)
勝利投手 中村

試合概要

先発の北川は初回、1番打者にレフトオーバーの二塁打で出塁され、送りバント等で迎えた一死二、三塁から相手4番打者のタイムリーヒットで1点を失う。さらに3回にも相手3番打者のタイムリーヒットで2点目を失う。2点を追うNBCは3回、2番近藤がレフトオーバーの二塁打で出塁し、4番横田のセンター前ヒットで1点を返す。しかし、4回に相手8番打者にソロ本塁打を打たれ1-3とリードされるが、その裏NBCは先頭の6番津門が振り逃げで出塁し、一死後、8番西河、9番久世の連続ヒットで1点を返し、1番村上が死球で作った一死満塁から2番近藤の犠牲フライで西河が返り、振り出しに戻す。5回には先頭の5番越智、6番津門が連続四球でチャンスを作り、7番沼谷、8番西河が倒れた後、9番久世も四球を選び満塁とし、1番村上の押し出し死球で1点を勝ち越す。6回から登板した中村は7回に先頭打者に内野安打で出塁され、送りバントとパスボールで三塁まで進まれ、三振を取った二死からワイルドピッチで再び同点となる。8回裏NBCは先頭の2番近藤が右中間を破る二塁打で出塁。3番荒木、4番横田が倒れた二死から5番越智が四球を選び出塁すると、6番津門が左中間を深々と破る値千金の2点タイムリー三塁打で勝ち越すと、代打の坂井が詰まりながらもライト前へ落としこの回3点を奪い7-4とリードする。中村は最終回、連続四球で走者を背負うが、後続打者を打ち取り一回戦を突破した。
ページトップへ