• オープン戦 DBグラッズ 
  • 2018年02月24日(土)
  • 13時00分
  • 京都学園大学G
  • オープン戦
  • 〇 10-6
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 3 3 0 1 0 1 1 1 10
DBグラッズ 1 0 0 3 2 0 0 0 0 6
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 セカンド 沼谷
2 レフト 近藤
3 ショート 横田
4 センター 村上
5 サード 荒木
6 DH 津門
7 ライト 越智
8 キャッチャー 西河
9 ファースト 久世
成績結果
バッテリー 中村、吉元、井岡、濵岡、若野―西河
打撃結果 本塁打(津門)、三塁打(近藤)、二塁打(沼谷、横田、村上、越智)、2安打(沼谷、近藤、荒木、津門、久世)
勝利投手 濵岡

試合概要

先発の中村は初回、四球で出した走者を二塁に置き、相手3番打者に先制のタイムリー三塁打で先制点を許す。1点を追うNBCは2回に先頭の4番村上が四球で出塁し、5番荒木の内野ゴロで二進した後、6番津門のタイムリーヒットで同点とし、7番越智の二塁打でチャンスを広げ、9番久世のライト前ヒットで2者が返り3-1と逆転。3回にも4番村上の2点適時打と6番津門の犠飛で3点を追加し6-1とリードを広げる。ところが4回に2番手の吉元が1イニングで6四球を与え3点を献上。5回にも3番手の井岡が同じく1イニングで4四球で2点を与え7-6とされる。1点差とされた7回、先頭の1番沼谷がヒットで出塁すると、2番近藤が右中間を深々と破る三塁打で1点を追加し、8回には6番津門のソロ本塁打で1点。9回にもヒットで出塁した久世を3番横田の左中間を破る二塁打でダメ押しの1点を追加。6回以降は4番手濵岡が3回を無失点、9回も5番手若野が相手打線を無失点に抑え、10-6で勝利した。
ページトップへ