• オープン戦 NSBベースボールクラブ 
  • 2017年07月22日(土)
  • 13時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 11-7
  • 終了
10 11 12
NSBベースボールクラブ 0 0 0 0 0 4 0 0 3 7
NOMOベースボールクラブ 0 3 2 1 0 0 2 3 × 11
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 セカンド 沼谷
2 ライト 村上
3 ショート 横田
4 DH 小野
5 サード 荒木<藤野(7回)
6 ファースト 津門
7 レフト 近藤
8 キャッチャー 西河
9 センター 坂本
成績結果
バッテリー 中村、片山、小野ー西河
打撃結果 二塁打(荒木、坂本)、2安打(村上、小野、西河、坂本)
勝利投手 中村

試合概要

NBCは2回、先頭の4番小野が四球で出塁し、5番荒木の送りバントで二塁へ進み、6番津門が死球で一死一、二塁のチャンスを作り、7番近藤が倒れた二死から8番西河、9番坂本の連続タイムリーヒットで3点を先制。3回にも二死から4番小野がヒットで出塁し、5番荒木のツーベースヒットと6番津門の連続タイムリーで2点を奪う。4回にも1点を追加し6-0とリードを広げる。先発の中村は初回、2回にピンチを迎えるが後続を打ち取り0点に抑え、その後も5回まで相手打線を抑えるが、6回に四球を挟んで4本のヒットで3点を奪われ2番手の片山にスイッチ。代わった片山もタイムリーを浴びこの回4失点。6-4となった7回、一死二、三塁から代打藤野の打球が相手ミスを誘い1点追加。なおも二死から7番近藤のタイムリーヒットでこの回2点を追加。8回にも4番小野の犠牲フライなどで3点を奪い11-4と大量リードで最終回を迎える。最終回は3番手の小野が大乱調で連続四球とヒットで無死満塁から連続押し出し四球で2点を奪われ、なおもワイルドヒッチで1点を奪われ一死も取れずに3失点。その後、三人を三振に取り11-7で勝利するが後味の悪い勝利となった。
ページトップへ