• クラブ選手権一次予選敗者一回戦 KC西宮 
  • 2017年05月05日(金)
  • 12時30分
  • 高砂球場
  • 大会
  • 〇 8-3
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 0 0 2 2 0 0 0 4 8
KC西宮 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 DH 小野
2 ライト 村上
3 サード 横田
4 センター 坂本
5 レフト 近藤
6 セカンド 荒木
7 ファースト 津門
8 キャッチャー 西河
9 ショート 藤野
成績結果
バッテリー 西矢、片山ー西河
打撃結果 3安打(津門)、2安打(村上、横田、坂本、近藤)、二塁打(村上、横田、津門2)
勝利投手 片山

試合概要

先発の西矢は2回、二死二塁からレフトオーバーの二塁打で先制点を許すと次打者のゴロを藤野が一塁へ悪送球を放り、二塁から走者を生還させ2点を失う。3回にも4連打で1点を与え0-3とリードを広げられる。3点を追うNBCは4回、先頭の5番近藤が内野安打で出塁し、一死後、7番荒木が内野安打でチャンスを広げ、8番津門の左中間を破る二塁打で2者が返り1点差とする。5回には一死から2番村上がセーフティーバントを成功させ、3番横田のライトオーバーの二塁打で村上が返り同点、さらに4番坂本のライト前ヒットで横田が返り逆転に成功。4-3で迎えた9回NBCは先頭の2番村上がレフト戦の二塁打で出塁し、横田が倒れた後に盗塁を成功させ、4番坂本の内野ゴロを相手野手の野選を誘い貴重な1点を奪い、さらに5番近藤がヒットで続き、さらにワイルドピッチで作った一死二、三塁から西河のスクイズで2者が返り、3点目を奪い試合を決める。3回から登板した片山は4回に無死満塁のピンチを0点に抑え、それ以降は1安打、5奪三振と完璧に相手打線を抑え、8-3で勝利した。
ページトップへ