• オープン戦 福知山公立大学 
  • 2016年09月14日(水)
  • 11時00分
  • こうのとりスタジアム
  • オープン戦
  • 〇 11-7
  • 終了
10 11 12
福知山公立大学 0 0 2 0 0 4 1 0 0 7
NOMOベースボールクラブ 4 1 1 1 1 0 0 3 × 11
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 セカンド 横田
2 ライト 溝口
3 センター 妻鳥<坂本(6回)
4 レフト 小野
5 ファースト 柴田
6 キャッチャー 津門
7 ショート 西河
8 DH 吉相<渡邊俊(3回)<東原(5回)
9 サード 村上
成績結果
バッテリー 玄、片山、神野、西矢―津門
打撃結果 本塁打(小野2、津門)、三塁打(横田)、二塁打(溝口、津門)、3安打(横田、津門)、2安打(溝口、小野、西河)
勝利投手 片山

試合概要

NBCは初回、一死一、二塁から4番小野がスリーランホームランを放ち、二死後、6番津門もソロホームランで初回4点を先制。2回には二死二塁から2番溝口のタイムリーで1点を追加。先発の玄は3回に2点を失うが、その裏、先頭の4番小野が2打席連続のソロホームランで6-2とする。4回、5回にも1点づつ奪い8-2とリードを広げるが、6回に2番手片山が走者を溜めた所で連続タイムリーを浴び4点を返され2点差まで詰め寄られる。7回にも3番手神野が先頭打者を死球で歩かすと、相手送りバントを野選で無死一、二塁とされ、送りバント、犠牲フライで無安打で1点を失い、1点差とされる。追加点がほしいNBCは8回、一死から4番小野が四球で出塁し、5番柴田、6番津門、7番西河の連続ヒットなどで3点を奪い、再度リードを広げる。最終回の相手の攻撃を4番手西矢が3者連続三振で締め、ゲームセット。
ページトップへ