• 第1回近畿クラブ会長杯予選決勝 関メディベースボール学院 
  • 2015年10月11日(日)
  • 12時00分
  • 植村直己記念公園野球場
  • 大会
  • 〇 6-1
  • 終了
10 11 12
NOMOベースボールクラブ 0 0 5 0 0 0 0 1 6
関メディベースボール学院 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1
ラインナップ
打順 ポジション 選手名
1 レフト 森下
2 サード 村上達也
3 センター 妻鳥
4 セカンド 新谷
5 DH 濱田<香川(6回)
6 ライト 坂本
7 ファースト 津門<吉相(6回)
8 キャッチャー 常盤
9 ショート 藤野
成績結果
バッテリー 藤井―常盤
打撃結果 2安打(森下、妻鳥、坂本、常盤、藤野)、三塁打(吉相)、二塁打(妻鳥)
勝利投手 藤井

試合概要

第1回近畿クラブ会長杯兵庫予選代表決定戦、関メディベースボール学院戦。先発の藤井は立ち上がり2つの四球とヒットで一死満塁のピンチを迎え、5番打者の時にスクイズを決められ先制点を許す。1点を追うNBCは4回、一死から6番坂本が内野安打で出塁すると7番津門の当たりを相手ショートがエラーし、一死一、二塁から8番常盤、9番藤野の連打で同点。さらに満塁から1番森下のレフト前ヒットを相手レフトが後逸し3人が返りこの回4点目、二死から3番妻鳥がレフトオーバーの二塁打で森下が返り5点目。その後、両チームとも無得点で迎えた9回に二死から7番吉相が右中間を深々と破る三塁打から8番常盤がセンターへはじき返しダメ押しの1点を奪う。最終回も藤井がランナーを出すが、後続を抑え1失点完投勝利を収める。この結果、11月21日から始まる第1回近畿クラブ会長杯に兵庫県代表として出場する。
ページトップへ